Mythic社ケーススタディ

Codasip case study with Mythic AI

Mythic社ケーススタディ

Codasip case study with Mythic AI

アナログ・コンピューティングを用いて独自のニューラル・ネットワーク・アクセラレータを提供するMythic社は, 革新的なAnalog Matrix Processor(AMP™)であるM1076を設計していました. 開発途中で特定のサポート機能を担う小型で電力効率の良い, かつプログラマブルなプロセッサコアが必要であることにMythic社は気づきましたが, 既製のコアではニーズにぴったり合うものがなく, カスタマイズが困難であることも判明しました. そこでMythic社はコダシップ社のソリューションを選択し, 軽量なCodasip L30プロセッサコアを出発点として, 自動カスタマイズ・ツールであるCodasip Studioを用いMythic社は最適化されたドメイン特化型コアをタイムリーに妥協せず手に入れました.

Image

Lauranne Choquin

Marketing Technical Writer

Share the post on social media!