Codasip Studio

Codasip Studio

プロセッサ設計の自動化に最適なツール

既存のプロセッサに手を加えて最適なPPAを実現し, よりニーズに適したものに改善する必要性はないでしょうか? または, 新しいプロセッサコアを開発する必要はありませんか? Codasip Studioは, プロセッサ設計プロセスのあらゆる側面をサポートする高機能なEDAツールセットであり, 非常にスムーズかつ迅速に, そしてリスクフリーなカスタムコアの開発を実現します

なぜCODASIP STUDIOなのでしょう?

2014年に発表したCodasip Studioは, 当社のすべてのCodasip RISC-Vコアの開発で使用しており, 主要ベンダーにおけるシリコン実証済みのツールです. 主なメリットは以下の通りです

簡単に使える

Eclipseをベースとした業界標準の環境とC言語ベースの記述言語で, すぐに使い始めることができます

プロジェクト・スケジュールのリスクを低減

実績ある高度に自動化されたアプローチにより, 成果の予測や市場投入までの時間の短縮を実現します

制約なくイノベーションを

新機能の実装, アーキテクチャの検討, ニーズに合わせた独自のコアの柔軟な設計が可能です

お客様の声

コダシップは, 私たちのニーズに合わせて, 真に独自のRISC-Vプロセッサを開発するための自由を与えてくれました. このおかげで, ゼロから独自のプロセッサを構築する労力を節約し, 製品開発における他の重要な分野に集中することができたのです

Mythic社 ハードウェアエンジニアリング担当副社長 Ty Garibay氏

プロセッサ設計自動化の統合ツールチェーン

Codasip Studioは, プロセッサを高速かつ容易に設計・変更するためのユニークなツールセットです. Codasip Studioは, ISAとマイクロ・アーキテクチャの設計に使用する, 高レベルのアーキテクチャ記述言語であるCodALを入力として動作します. 標準のCodasip RISC-V IPをカスタマイズする場合でも, 新規にプロセッサを設計する場合でも, CodALとCodasip Studioは, 開発作業に必要な全てを生成します

Codasip StudioとCodALの主な機能は以下のとおり

高速なアーキテクチャ探索

カスタマイズされたハードウェアの特長を認識するカスタムコンパイラの自動生成

消費電力と面積に配慮した合成可能RTLの自動生成

CODASIP STUDIOについて問い合わせ